ベクレルとシーベルト

厚生労働省の3/23日未明の発表では、田村市のほうれん草1kgあたりから約4万ベクレルの放射性セシウムが検出されたそうである。

これが人体にどれほどの影響を与えるのか、計算してみると、
 このほうれん草100gを365日食べ続けたことによる50年間の被ばく線量で、がんを発症する人が0.095%増えるという結果になった。

ベクレルからシーベルトへの変換式の説明 ⇒ こちら

以下に計算過程を示す。

預託実効線量(H)

預託実効線量とは、放射性物質を体内に摂取して、50年間に受ける実効線量を積算したもの。50年間でトータル何シーベルトになるかをあらわす。

計算式 
H=1日当たりの摂取量(kg)*実効線量係数(mSv/Bq)*放射性核種の濃度(Bq/kg)*日数

実効線量係数:セシウム137 1.3×0.00001(mSv/Bq)
ヨウ素131 2.2×0.00001(mSv/Bq)


田村市のほうれん草の場合

今回、1kgあたり約4万ベクレルの放射性セシウムが検出されたとのことなので、
実効線量係数=1.3*0.00001(mSv/Bq)
放射性核種の濃度=40000(Bq/kg)

厚生労働省の「平成21年国民健康・栄養調査結果の概要について」によると、成人の緑黄色野菜の1日あたりの平均摂取量が約100gであるので、仮に1年間、緑黄色野菜を全部ほうれん草で摂取した場合で考えてみると、預託実効線量は

H=0.1(kg)*1.3*0.00001(mSv/Bq)*40000(Bq/kg)*365日=18.98mSv

つまり、放射性セシウム137が4万ベクレルのほうれん草を100gを365日食べ続けたことで、50年間の間に、体内で被ばくする放射線量は約19.0ミリシーベルトということになる。

国際放射線防護委員会の比例定数を用いると、200ミリシーベルトの放射線量を被ばくすることで発がんを発症する人が1%増えるということなので、19.0ミリシーベルトでは0.095%増えるということになる。

結論 放射性セシウム137が4万ベクレルのほうれん草100gを365日食べ続けたことによる50年間の被ばく線量で、がんを発症する人が0.095%増える。

<参考>
預託実効線量について

「平成21年国民健康・栄養調査結果の概要について」

コメント

このブログの人気の投稿

Tunnel adapter ローカルエリア接続とは

エクスプローラーでフォルダ内のファイルをスクロールさせて下のほうにあるファイル・フォルダを表示させているときに突然に表示位置がトップ位置へと戻ってしまう現象と一応の解決策

Windows Defender の定義の更新でエラー その後 解決編を追加