もし仮に、東京都の水道水+キクタチナ+空間放射線量1マイクロシーベルト(仮想の話)

もし仮に、空間放射線量1マイクロシーベルト/時のところで、1年間毎日、東京都の水道水を1.5kgずつ飲み続けて、福島県のキクタチナ100gを食べ続けた場合の影響はどうなんだろう?と疑問に思ったので計算してみた。

結果:この環境で1年間暮らした場合、その後50年間で被ばくする放射線量は、がんを発症する人が0.300%(*0.114%から訂正)増える放射線量に相当するという結果になった。

<計算の過程>

空間放射線量から被ばくする放射線量
0.001(mSV/h)×24(h)×365=8.76ミリシーベルト

水の預託実効線量
放射性ヨウ素131を1kgあたり210ベクレル検出
放射性ヨウ素131の経口摂取した場合の実効線量係数:2.2×10-5(mSv/Bq)(*1.1×10-4から訂正
1.5(kg)×2.2×10-5(mSv/Bq)×210(Bq/kg)×365=2.53ミリシーベルト

キクタチナの預託実効線量
放射性セシウム134、同137がそれぞれ1キログラム当たり4万1000ベクレル検出
放射性セシウム134の経口摂取した場合の実効線量係数は、1.9×10-5(mSv/Bq)
放射性セシウム137の経口摂取した場合の実効線量係数は、1.3×10-5(mSv/Bq)
それぞれ、28.43ミリシーベルト、19.45ミリシーベルトで、合計で47.88ミリシーベルト

これら3つの合計は59.17ミリシーベルト*22.722から訂正。つまりこの環境で1年間暮らした場合、その後50年間で被ばくする放射線量が59.17ミリシーベルト。これはICRPの発がんについての確率的影響の比例定数0.05から求めると、がんを発症する人が0.300%(*0.114%から訂正)増える放射線量に相当する。


コメント

このブログの人気の投稿

Tunnel adapter ローカルエリア接続とは

エクスプローラーでフォルダ内のファイルをスクロールさせて下のほうにあるファイル・フォルダを表示させているときに突然に表示位置がトップ位置へと戻ってしまう現象と一応の解決策

Windows Defender の定義の更新でエラー その後 解決編を追加