福島原発 放水口付近から3355倍のヨウ素検出

経済産業省の原子力安全・保安院によりますと、福島第一原子力発電所の1号機から4号機の水を流す「放水口」の南330メートルの地点で採取した海水では、ヨウ素131が、▽29日午前8時20分の時点で、法律で定められた基準値の2572.5倍、▽29日午後1時55分の時点で、これまでで最も高い基準値の3355倍に上りました。

ヨウ素131(ヨウ化メチル以外)の排水中の濃度限界(*1)は4×10-2Bq/cm31リットルあたり40ベクレルまでとなっている。29日午前1時55の放水口の南の海水では、ヨウ素131がその3355倍検出されたということなので、1リットル当たり13万4200ベクレル。 
*海水によりかなり希釈される。
*半減期により、蓄積量は期間に比例しない。(ヨウ素は半減期が約8日と短い)

<排水中の濃度限界>(*1)
ヨウ素131(ヨウ化メチル以外)・・・4×10-2Bq/cm3(1リットル当たり40ベクレル)
セシウム134・・・6×10-2Bq/cm3(1リットル当たり60ベクレル)
セシウム137・・・9×10-2Bq/cm3(1リットル当たり90ベクレル)
プルトニウム238・・・4×10-3Bq/cm3(1リットル当たり4ベクレル)
プルトニウム239・・・4×10-3Bq/cm3(1リットル当たり4ベクレル)
プルトニウム240・・・4×10-3Bq/cm3(1リットル当たり4ベクレル)

<海流図>
世界海流図(2004年)
http://msi.nga.mil/MSISiteContent/StaticFiles/NAV_PUBS/APN/Chapt-32.pdf
の3ページ目

*1 「放射線を放出する同位元素の数量等を定める件(平成十二年科学技術庁告示第五号、最終改正 平成十八年十二月二十六日 文部科学省告示第百五十四号、p66、別表第2放射性同位元素の種類が明らかで、かつ、一種類である場合の空気中濃度限度等)

コメント

このブログの人気の投稿

Tunnel adapter ローカルエリア接続とは

エクスプローラーでフォルダ内のファイルをスクロールさせて下のほうにあるファイル・フォルダを表示させているときに突然に表示位置がトップ位置へと戻ってしまう現象と一応の解決策

Windows Defender の定義の更新でエラー その後 解決編を追加