リフレッシュ用イメージファイルの作成

 「PCのリフレッシュ」は、Windows8.1の回復機能の一つで、個人設定や個人ファイルなどは保持したまま、Windows8.1を再インストールする機能である。多くのメーカー製のPCではリフレッシュ用の回復パーティションが用意されており、この「PCのリフレッシュ」を利用することにより、個人ファイルなどは保持したままPCを出荷状態に戻すことができるようになっている。

 しかし、自作PCなどで自分でWindows8.1をインストールした場合、そのままではPCのリフレッシュ用のイメージファイルがなく、この機能は使えない。この機能を使うためにはコマンドプロンプト(管理者)から「recimg」コマンドでリフレッシュ用イメージファイルを作成しておく必要がある。そうしておけば、「PCのリフレッシュ」機能を用い、個人ファイル、個人設定は保持したまま、Windows8.1をイメージファイル作成時点の状態に戻すことができる。注意が必要なのは、イメージファイル作成後にインストールしたデスクトップアプリなどは削除されてしまうとういう点だ。(⇒「PCのリフレッシュで保持されるデータ、保持されないデータ」参照)

以下にリフレッシュ用イメージファイルの作成手順を示す。*作成にはかなりの時間がかかり、私の場合は数時間かかった。その間、インターネットの閲覧等をしていたら、一度作成に失敗してしまった。作成中はPCの操作も控えたほうがいいようだ。

1.コマンドプロンプトを管理者権限で起動する。

マウスカーソルを画面左下に持っていき、右クリックすると。画像のようなメニューが表示されるので、そこから「コマンドプロンプト(管理者)(A)」を左クリックする。
起動したコマンドプロンプト

2.コマンドプロンプトが起動したら「recimg」コマンドでリフレッシュ用イメージファイルを作成する。


recimg /CreateImage <フォルダ名>」でリフレッシュ用イメージファイルを作成する。「recimg /CreateImage 」の後ろの<フォルダ名>のところは作成されたイメージファイルを保存する場所を指定する。画像での例ではEドライブのReflesh131027というフォルダにリフレッシュ用イメージファイルが作成される。指定されたフォルダが存在しない場合は自動的にされる。

保存されるイメージファイル名は「CustomRefresh.wim」になり、これは変更できない。

3.イメージファイル作成中。


スナップショットの作成はすぐに済むが、イメージの書き込みには数時間かかった。作成中は他のPCの操作は控えたほうがいい。

4.「回復イメージの作成と登録が正常に完了しました」とメッセージが出たら作成完了!


*リフレッシュ用イメージファイルは一つのみが有効になる。複数のリフレッシュ用イメージファイルを作成した場合、登録の変更を行わなければ、最後に作成されたファイルが有効になる。「PCのリフレッシュ」を行った場合、そのリフレッシュ用イメージファイルが使われることになる。
現在有効なリフレッシュ用イメージファイルは、「recimg /ShowCurrent」で確認できる。
画像の例では「harddisk1」の「partition1」の「Refresh131027」フォルダにある「CustomRefresh.win」が有効であることがわかる。「harddisk1」がどのドライブを指すのか等は「ディスクの管理」で確認ができる。
有効なリフレッシュ用イメージファイルの変更は「recimg /SetCurrent」で行う。
リフレッシュ用イメージファイルの登録の解除は「recimg /Deregister」で行う。「PCのリフレッシュ」の実行時に登録されたリフレッシュ用イメージファイルがない場合は、実行時にリフレッシュに使用するイメージファイルを指定するように、PC側から問い合わせてくるようになる。

コメント

このブログの人気の投稿

Tunnel adapter ローカルエリア接続とは

エクスプローラーでフォルダ内のファイルをスクロールさせて下のほうにあるファイル・フォルダを表示させているときに突然に表示位置がトップ位置へと戻ってしまう現象と一応の解決策

Windows Defender の定義の更新でエラー その後 解決編を追加