1080Tiを購入

 去年11月に新PCを組んだ。今までグラボはRADEONシリーズを選び続けてきたが、期待していたVEGA64も、マイニングブームの影響で品切れ状態、価格が高騰していたので、見送った。年が明けても事態は好転せず、価格は高止まり。低価格なのにライバルの1080並みの性能との魅力が全くなくなった。

 2月、3月と過ぎていき、もうそろそろGeforceの次の世代の発表があるのではという噂が出るようになった。次はGeforceシリーズでもいいかと思い始め、ここは11世代の1180か、10世代の1080TIをターゲットに絞った。

 この7月、8月には出るかも?いや遅くとも9月には?と様々な憶測が飛び交う中、COMPUTEX TAIPEI 2018でNVIDIAのCEOが「It's a long time from now.」との発言。

 1180が「It's a long time from now」であるなら、1180Tiはさらに「It's a long time from now」になるだろうから、ここはもう変な妥協はせず、1080Tiに行ったれ!ということで、1080Tiを購入することにした。

 今まで1170、1180の発表を待っていた人たちもこの発言を受けて、10世代を購入し始めるだろうから、そう値段も落ちないだろう、下手をしたらまた品薄状態になるかもしれない。ここは思い立ったら吉日、善は急げ。速攻でポチッた。

自作歴20年で初めてのGeforceシリーズ。

STRIXのロゴ入りの内箱。うん、なかなか。

内箱を開けると、ドライバCDとマニュアルが入った紙袋が。

緩衝材の蓋を開けたところ。

付属品はドライバCDとマニュアル、電源6PIN*2→8PIN変換ケーブル、それと「REPUBLIC OF GAMERS」のロゴの入ったケーブルタイが2本。

バックプレートには保護フィルムが貼ってある。ROGのマーク部分が光る。AURA SYNCでコントロール可能。


REPUBLIC OF GAMERSの部分が光る。AURA SYNCでコントロールも可能。
補助電源端子は8PINが二つ。
補助電源は一本の電源ケーブルから分岐して取ってくるのではなく、それぞれ別にとってくるようにしたほうがいいらしい。

3連ファン。でかい!

HDMI2.0端子は二つとDisplayPort1.4端子が二つ、さらにDVI-D端子が一つ。

カード後ろ側には、PWM 4PINファン端子二つと4PIN RGB LEDヘッダ一つがある。

取り付けたところ。3スロット分占領する。

こんな風に光らせてみました。

翌日、Novonest GPUブレースサポート ビデオカードサグホルダ 3mmアルミ【GL05】が届いたので、取り付けた。

コメント

このブログの人気の投稿

Tunnel adapter ローカルエリア接続とは

エクスプローラーでフォルダ内のファイルをスクロールさせて下のほうにあるファイル・フォルダを表示させているときに突然に表示位置がトップ位置へと戻ってしまう現象と一応の解決策

Windows Defender の定義の更新でエラー その後 解決編を追加