SVID Behavior の設定変更でCPU温度が大幅に下がった

BIOSのSVID Behaviorを変更するとCPU温度が大幅に改善。OCCT4.5.1のCPU:LINPACKが1時間完走できるようになった。


OCCT4.5.1のCPU:OCCTを以下の設定で走らせた場合の温度変化
テストタイプ:自動
テスト時間:1時間
待機時間:1分待機後に開始、5分待機後に終了
テストバージョン:64bit
テストモード:ラージデータ
スレッド数:12(自動)

マザーボード(ASUSのROG MAXIMUS X HERO (WI-FI AC))の設定はSync All Coresにして倍率は47倍で行った。ちなみに、CPUクーラーはNZXTのKRAKEN X62、室温は約16℃だった。

1.Autoの場合


CPU Pacageの平均温度は約66℃

最高温度:84℃(CPU Packageの平均気温は約66℃)
Package:84℃
Core #0:84℃
Core #1:82℃
Core #2:81℃
Core #3:82℃
Core #4:79℃
Core #5:81℃
VID  :1.433V
Vcore :1.424V


2.Typical Scenarioに設定した場合


CPU Packageの平均温度は約57℃


最高温度:72℃(CPU Packageの平均温度は約57℃)
Package:71℃
Core #0:70℃
Core #1:68℃
Core #2:72℃
Core #3:71℃
Core #4:67℃
Core #5:69℃
VID  :1.343V
Vcore :1.296V


3.Best-Case Scenarioに設定した場合


CPU Packageの平均温度は約53℃

最高温度:65℃(CPU Packageの平均温度は約53℃)
Package:65℃
Core #0:65℃
Core #1:62℃
Core #2:65℃
Core #3:63℃
Core #4:60℃
Core #5:63℃
VID  :1.285V
Vcore :1.248V

Best-Case ScenarioではAutoの場合に比べ最高温度で19℃、平均気温で約13℃も改善された。Autoの場合、OCCTのLINPACKをLINPACKのAVX対応を有効にして走らせた場合、温度超過の警告が出てしまい、10分ほどで停止してしまっていたが、Best-Case Scenarioでは楽々クリアした。

4.全コア48倍、Typical ScenarioでOCCT4.5.1のCPU:LINPACKを1時間は知らせた場合

OCCT4.5.1のCPU:LINPACKの設定
テストタイプ:自動
テスト時間:1時間
待機時間:1分待機後に開始
     5分待機後に終了
メモリ:50%(6162MB)
64ビット:チェック
LinpackのAVX対応:チェック
全コアを使用する:チェック

SVID BehaviorはTypical Scenarioに設定。


CPU Packageの平均温度は約70℃

最高温度84℃(CPU Packageの平均温度は約70℃)
Package:84℃
Core #0:78℃
Core #1:77℃
Core #2:84℃
Core #3:75℃
Core #4:78℃
Core #5:74℃
VID  :1.348V
Vcore :1.312V

ギリギリセーフというところか。

コメント

このブログの人気の投稿

Tunnel adapter ローカルエリア接続とは

エクスプローラーでフォルダ内のファイルをスクロールさせて下のほうにあるファイル・フォルダを表示させているときに突然に表示位置がトップ位置へと戻ってしまう現象と一応の解決策

Windows Defender の定義の更新でエラー その後 解決編を追加