Windows10のダウンロードページから10586版メディア作成ツールが削除された理由

http://www.winbeta.org/news/microsoft-explains-disappearance-of-the-windows-10-november-update

Windows10の11月のアップデートからメディア作成ツールを削除したことについてのマイクロソフトの公式見解

========================================
The November update was originally available via the MCT (Media Creation Tool), but the company decided that future installs should be through Windows Update. People can still download Windows 10 [Build 10240] using the MCT tool if they wish. The November update will be delivered via Windows Update.

Microsoft has not pulled the Windows 10 November 10 update. The company is rolling out the November update over time – if you don’t see it in Windows Update, you will see it soon.
========================================

【翻訳」

「11月のアップデートは当初はメディア作成ツール経由で利用可能でしたが、今後はWindows Updateを通してのインストールで行うことにしました。必要であればメディア作成ツールを使ってWindows10[Build 10240]をダウンロードすることは可能です。

マイクロソフトはWindows10の11月10日の更新の公開を取りやめてはいません。今も引き続き配信を続けています。まだの人にも間もなく降りてくるでしょう。」

だそうな。ん~、なんで突然Build10586のメディア作成ツールの提供をやめたかの説明はないな~。まあ、「大きな不具合とかがあってひっこめたわけじゃないから、安心してね。それが証拠にWindows Updateのほうでは配信をし続けているでしょ、でしょ、でしょ。」ということかな。

にわかには信じがたいな~。アップデートをどう提供していくかなんて、事前にきめてるでしょぉ~、普通。公開1週間で突然、やめるて、なにかあるやろぉ~と考えてしまう。まあ、何かあろうがなかろうが、問題なく使えたらそれでいいんだけど・・・。プロダクトキーの問題?

とにかく明るいマイクロソフト「安心してください。配信、続けていますよ。」ハーイ!

・・・って、586のDVDつくっとこ。

⇒「Windows10のダウンロードページから10586版メディア作成ツールの配布が再開」(2015.11.25)

コメント

このブログの人気の投稿

Tunnel adapter ローカルエリア接続とは

Windows Defender の定義の更新でエラー その後 解決編を追加

エクスプローラーでフォルダ内のファイルをスクロールさせて下のほうにあるファイル・フォルダを表示させているときに突然に表示位置がトップ位置へと戻ってしまう現象と一応の解決策