windows10のタイトルバーの色を自分好みの色に変えてみよう その2

windows10のタイトルバーの色を変更しよう
windows10のタイトルバーの色を自分好みの色に変えてみよう その1
の続き

*この記事は「windows10のタイトルバーの色を変更しよう」で説明した操作がすでに行われたことを前提にしています。

「windows10のタイトルバーの色を自分好みの色に変えてみよう その1」の方法ではタイトルバーの色を一覧にある色にしか変更できない。ここでは、もっと自由に自分の好みにぴったりと合った色に変更する方法を説明する。

【方法2】「自分が作成した色に変更する」方法

【手順1】「ペイント」などを使って、自分好みの色の単色の壁紙を作成する。

a.「スタートメニュー」⇒「すべてのアプリ」⇒「Windows アクセサリ」⇒「ペイント」と選択し、「ペイント」を起動。






b.「ペイント」が起動したら、「サイズを変更」ボタンをクリックして、作成する画像のサイズを変更。
(使っているモニタの表示サイズに合わせる。わからなければ横:1920 縦:1080が現在最も一般的)


c.「色の編集」ボタンを左クリックして、好みの色を作成。




d.作成した画像を保存する。保存したらペイントを終了する。


【手順2】作成した画像を一旦壁紙に指定する。

a.デスクトップのなにもないところで右クリック。表示されたメニューの「個人設定」を左クリック。

b.手順1で作成した画像を背景にする。


単色の背景になる

【手順3】一時的に「パーソナル設定」の「色」の設定で「背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ」をオンにして、現在の単色の背景からアクセントカラーを認識させる。




一旦、オンにすると、タスクバーの色が背景色に合わせて変更される。オンにした後、「オフ」にもどす。

【手順3】背景画像を元の画像に戻す。



この方法を使えばどんな色にも変更可能!!

コメント

このブログの人気の投稿

Tunnel adapter ローカルエリア接続とは

エクスプローラーでフォルダ内のファイルをスクロールさせて下のほうにあるファイル・フォルダを表示させているときに突然に表示位置がトップ位置へと戻ってしまう現象と一応の解決策

Windows Defender の定義の更新でエラー その後 解決編を追加