3月20日

 今日は春分の日。
 先日買った「ローマ」1話から12話までを18日、19日、20日と3日かけて見た。
 ヴォレヌスとプッロを中心に「ローマ」の一時代を描いた歴史ドラマというより、
「ローマ」の一時代を舞台にヴォレヌスとプッロの関係を中心に描いた人間ドラマ。
こういう超大作ものにありがちな、複雑さはなく、ストーリーも追いやすく、
面白い。
 ただ、複線が分厚く、しっかりと構成されていて、かなりの見ごたえ。また、200億
円以上かけたそうで、ローマの町並みなど、その空気感まで伝わるよう。
 カエサルもはじめは、イメージと少し違い違和感を感じたけど、ストーリーの中では
違和感がなく物語に引き込まれていった。
 ただ、「ローマ」の一時代を舞台にヴォレヌスとプッロを中心に描いた人間ドラマだ
としても、 ポンペウスとの戦闘シーンや、カエサル暗殺後のブルータスとアントニウ
スの演説のシーンは、省略せず、もっと力を入れてほしかった。
 

コメント

匿名 さんのコメント…
Hello. This post is likeable, and your blog is very interesting, congratulations :-). I will add in my blogroll =). If possible gives a last there on my blog, it is about the TV de LCD, I hope you enjoy. The address is http://tv-lcd.blogspot.com. A hug.

このブログの人気の投稿

Tunnel adapter ローカルエリア接続とは

エクスプローラーでフォルダ内のファイルをスクロールさせて下のほうにあるファイル・フォルダを表示させているときに突然に表示位置がトップ位置へと戻ってしまう現象と一応の解決策

Windows Defender の定義の更新でエラー その後 解決編を追加