お気に入りファイルダブルクリックで開こうとすると「ファイルのダウンロード - セキュリティーの警告」が出るようになったときの一応の回避策。


 9月のWindowsUpdateの「KB3185319」を当てると、お気に入りファイルをダブルクリックしたときにセキュリティーの警告が出るようになるという不具合があるようです。
 当方のPCで確認をすると「お気に入り」(星マーク)フォルダに指定して、IEを起動することによって、「お気に入り」(星マーク)フォルダ及び、その中にあるファイルのアクセス許可に「不明なアカウント」のユーザーが追加されます。この状態になると、件の警告が出るようになります。

順を追って説明すると

  1. ユーザーフォルダに適当にフォルダを新規に作成します。
  2. そのフォルダに「お気に入り」(星マークのやつ)の中のショートカットを、1.で作ったフォルダにコピーします。この時点では1.にコピーしたショートカットをダブルクリックしても件の警告は出ませんでした。
      
  3. 「お気に入り」(星マークのやつ)を右クリック→プロパティ→「場所」タブで「お気に入り」の場所を1.に指定しなおします。
    これで1.で作成したフォルダが「お気に入り」(星マークのやつ)となります。この時点では、このフォルダ内のショートカットをダブルクリックしても、件の警告は出ませんでした。また、ファイルのプロパティの「セキュリティ」タブのアクセス許可のユーザーに「不明なアカウント」はありません。
     
  4. IEを起動します。
  5. IEを終了します。
    この時点で、「お気に入り」フォルダ内のファイルのアクセス許可のユーザーに「不明なユーザー」が追加され、ファイルをダブルクリックすると、件の警告が出るようになってしまいました。

 どうやら、IE]が「お気に入り」(☆マーク)に指定されているフォルダに対して所有者を追加するなど、何らかの悪さ?(セキュリティ対策?)をしているようです。(IEからEdgeへと移行を勧めているマイクロソフト、お気に入りフォルダは廃止の方向で考えているのかな?)

【当面の回避策】
適当な場所にフォルダAを作り、そこに「お気に入り」フォルダ内のファイルをコピーする。ただし、「お気に入り」の場所は移動させない。そして、フォルダAのファイルをダブルクリックして開くようにする。これで、一応件の警告が出るわずらわしさは回避できました。
*ただしIEでお気に入りを追加してもフォルダAには追加されないので注意が必要です。

コメント

このブログの人気の投稿

Tunnel adapter ローカルエリア接続とは

エクスプローラーでフォルダ内のファイルをスクロールさせて下のほうにあるファイル・フォルダを表示させているときに突然に表示位置がトップ位置へと戻ってしまう現象と一応の解決策

Windows Defender の定義の更新でエラー その後 解決編を追加