Meltdown、Spectre対応パッチの影響をチェック

 巷でIntel CPUに深刻な脆弱性が見つかったと騒ぎになっている。修正パッチをあてるとパフォーマンスが最大で30%低下するらしい。しかし、一般的な用途での影響はそれほど大きくないとの情報もある。

https://news.mynavi.jp/article/20180104-567288/
https://www.gizmodo.jp/2018/01/all-about-meltdown-and-spectre.html

先日買ったASUS ROG MAXIMUS X HERO (Wi-Fi AC)の対応BIOSがASUSのWEBにアップされ、Windows10の対応パッチが降ってきたのでベンチマークをしてみた。

Windows10 Pro (KB4056892適用)
ASUS ROG MAXIMUS X HERO (Wi-Fi AC) BIOSバージョン1003

まずはCinebench

修正適用前
作成直後の結果 CPU:1574cb

修正適用後
修正適応後 CPU 1549cb
適用後25cbの減。


CPU-Zの結果

修正適用前
シングルスレッド:559.2  マルチスレッド:4176.3

修正適用後
シングルスレッド:560.7  マルチスレッド:4175.1

シングルスレッド 適用前:559.2  適用後:560.7
マルチスレッド  適用前:4176.3  適用後:4175.1

どちらの結果も変動は誤差の範囲だった。

次にSSDのベンチマークも取ってみた。

Cドライブ(Transcend MTE850 256GB)
適用前

適用後

4KiBQ32T1のWriteが591.3[MB/s]から201.6[MB/s]に
4KiBQ1T1もWriteが203.1[MB/s]から125.2[MB/s]に
大きく落ちた。ただし、適応前までに何度かとっていたなかで4KiB Q32T1は453[MB/s]まで、4KiB Q1T1は142.2[MB/s]まで落ちることがあった。

Dドライブ(MTE850 512GB)
適用前

適用後

こちらも
4KiB Q32T1と4KiB Q1T1のWriteで大きく落ちた。I/Oの速度にも影響がでるとの情報もあったがその影響なのかな?

ま、こんなところ。あと、気が付いたところでは、電源ボタンを押してからマザボの”ピッ”の音までの時間が長くなった気がする(はかったわけではないのであくまで個人的感想)とWindows10の起動画面のくるくる回る表示が適応前は一回りだったのが、適応後は二回り回るようになった。

コメント

このブログの人気の投稿

Tunnel adapter ローカルエリア接続とは

エクスプローラーでフォルダ内のファイルをスクロールさせて下のほうにあるファイル・フォルダを表示させているときに突然に表示位置がトップ位置へと戻ってしまう現象と一応の解決策

Windows Defender の定義の更新でエラー その後 解決編を追加