投稿

1月, 2018の投稿を表示しています

SVID Behavior の設定変更でCPU温度が大幅に下がった

イメージ
BIOSのSVID Behaviorを変更するとCPU温度が大幅に改善。OCCT4.5.1のCPU:LINPACKが1時間完走できるようになった。

OCCT4.5.1のCPU:OCCTを以下の設定で走らせた場合の温度変化
テストタイプ:自動
テスト時間:1時間
待機時間:1分待機後に開始、5分待機後に終了
テストバージョン:64bit
テストモード:ラージデータ
スレッド数:12(自動)

マザーボード(ASUSのROG MAXIMUS X HERO (WI-FI AC))の設定はSync All Coresにして倍率は47倍で行った。ちなみに、CPUクーラーはNZXTのKRAKEN X62、室温は約16℃だった。

1.Autoの場合

最高温度:84℃(CPU Packageの平均気温は約66℃)
Package:84℃
Core #0:84℃
Core #1:82℃
Core #2:81℃
Core #3:82℃
Core #4:79℃
Core #5:81℃
VID  :1.433V
Vcore :1.424V


2.Typical Scenarioに設定した場合


最高温度:72℃(CPU Packageの平均温度は約57℃)
Package:71℃
Core #0:70℃
Core #1:68℃
Core #2:72℃
Core #3:71℃
Core #4:67℃
Core #5:69℃
VID  :1.343V
Vcore :1.296V

3.Best-Case Scenarioに設定した場合

最高温度:65℃(CPU Packageの平均温度は約53℃)
Package:65℃
Core #0:65℃
Core #1:62℃
Core #2:65℃
Core #3:63℃
Core #4:60℃
Core #5:63℃
VID  :1.285V
Vcore :1.248V

Best-Case ScenarioではAutoの場合に比べ最高温度で19℃、平均気温で約13℃も改善された。Autoの場合、OCCTのLINPACKをLINPACKのAVX対応を有効にして走らせた場合、温度超過の警告が出てしまい、10分ほどで停止してしまっていたが、Best-Case Scenarioでは楽々クリアした。

4.全コア48倍、Typical ScenarioでOCCT4.5…

Meltdown、Spectre対応パッチの影響をチェック

イメージ
巷でIntel CPUに深刻な脆弱性が見つかったと騒ぎになっている。修正パッチをあてるとパフォーマンスが最大で30%低下するらしい。しかし、一般的な用途での影響はそれほど大きくないとの情報もある。

https://news.mynavi.jp/article/20180104-567288/
https://www.gizmodo.jp/2018/01/all-about-meltdown-and-spectre.html

先日買ったASUS ROG MAXIMUS X HERO (Wi-Fi AC)の対応BIOSがASUSのWEBにアップされ、Windows10の対応パッチが降ってきたのでベンチマークをしてみた。

Windows10 Pro (KB4056892適用)
ASUS ROG MAXIMUS X HERO (Wi-Fi AC) BIOSバージョン1003

まずはCinebench修正適用前

修正適用後
適用後25cbの減。


CPU-Zの結果修正適用前

修正適用後

シングルスレッド 適用前:559.2  適用後:560.7
マルチスレッド  適用前:4176.3  適用後:4175.1

どちらの結果も変動は誤差の範囲だった。

次にSSDのベンチマークも取ってみた。Cドライブ(Transcend MTE850 256GB)
適用前

適用後

4KiBQ32T1のWriteが591.3[MB/s]から201.6[MB/s]に
4KiBQ1T1もWriteが203.1[MB/s]から125.2[MB/s]に
大きく落ちた。ただし、適応前までに何度かとっていたなかで4KiB Q32T1は453[MB/s]まで、4KiB Q1T1は142.2[MB/s]まで落ちることがあった。

Dドライブ(MTE850 512GB)
適用前

適用後

こちらも
4KiB Q32T1と4KiB Q1T1のWriteで大きく落ちた。I/Oの速度にも影響がでるとの情報もあったがその影響なのかな?

ま、こんなところ。あと、気が付いたところでは、電源ボタンを押してからマザボの”ピッ”の音までの時間が長くなった気がする(はかったわけではないのであくまで個人的感想)とWindows10の起動画面のくるくる回る表示が適応前は一回りだったのが、適応後は二回り回るようになった。