VRチェアー完成!

 PS VRでVRの”まるでそこにいる”感に感動し、更なる”まるそこ感”のために、ゲームや映画の音響に連動して振動する椅子を作ろうと決意したのは、3日前。

 こらえ性のない僕は、一度やりたいと思ってしまったら、もう誰にも止められない。そんな性分のおかげで、本日振動椅子がここに完成しました!いゃっほぅ~!

完成写真。名付けてVRチェアー!振動が床にも伝わるので、タイルカーペットを敷いた。

振動ユニットは、少しでもゆるみがあると、その部分が振動し、ガタガタと音が鳴ってしまい、その分振動は弱くなってしまう。振動ユニットは、しっかりと、ぴったりと取り付ける。
アンプは椅子の背もたれ裏側にマジックテープを縫い付けて、固定した。(小学生時代の家庭科であったお裁縫がこんなとこで役立つとは!)

振動具合



【使ったもの一覧】

 振動ユニット:DN-82305(上海問屋)2個 ¥9,598(4,799×2)
 低音を取り出すためのアンプ:LP-168S(Lepy) \3,380
 そのほか、PS VRのイヤホンジャックからアンプに接続するための分岐ケーブル、アンプとし移動ユニットを接続するためのスピーカーケーブル、アンプを椅子に取り付けるためのマジックテープ、コードを固定するためのクランプ、振動を床に伝えないようにするためのタイルカーペット。

 総額は約1万5千円ほど。


コメント

このブログの人気の投稿

Tunnel adapter ローカルエリア接続とは

エクスプローラーでフォルダ内のファイルをスクロールさせて下のほうにあるファイル・フォルダを表示させているときに突然に表示位置がトップ位置へと戻ってしまう現象と一応の解決策

Windows Defender の定義の更新でエラー その後 解決編を追加