HDMI切替機(デジ像:PHM-SW201)

43インチ4Kモニタ導入に向けて、HDMI切替機を購入した。

まずは、箱の写真。

そして、中身。電源不要なので、とてもシンプル。

正面からの写真1 出力1の状態

正面からの写真2 出力2の状態

 真ん中のボタンを押して、出力先を切り替える。リモコンはない。ボタンが写真1の状態だと出力先は1となり、写真2の状態だと出力先2となる。時々、どっちがどっちだったか混乱してしまう。
 また、切替ボタンが少々硬いが、これくらいのほうが安っぽくなくて、安心感があって僕はこれくらいのほうが好きだ。

後ろからの写真 本体後部に配線がまとめられている。本体に据え付けられているHDMIケーブルは70cm。
ネットでの口コミ等を見ていると、HDMIケーブルが長くなると、不具合が出ることもあるようで、ケーブルの長さは2m以内に収まるようにしたほうがよさそうだ。うちの環境で不具合が出ないか動作確認。

 ケーブルテレビのSTBの映像を、出力先1をMDT24WG、出力先2を27UD68-Wとして出力させてみた。

出力先1(MDT24WG)に映像を表示

出力先2(27UD68-W)にSTBの映像を表示

 特に不具合なく、表示ができた!ちゃくちゃくと43インチ4Kモニタ導入計画進行中!明日は部屋の配置換えに備えて、掃除だ!

コメント

このブログの人気の投稿

Tunnel adapter ローカルエリア接続とは

エクスプローラーでフォルダ内のファイルをスクロールさせて下のほうにあるファイル・フォルダを表示させているときに突然に表示位置がトップ位置へと戻ってしまう現象と一応の解決策

Windows Defender の定義の更新でエラー その後 解決編を追加