Windows10のダウンロードページから10586版メディア作成ツールの配布が再開

http://www.winbeta.org/news/microsoft-pulled-the-windows-10-november-update-due-to-privacy-concerns

【翻訳】

マイクロソフトは、今日、今週末にWindows10の11月の更新をWindowsUpdateとメディア作成ツールを通しての配布を停止していた理由の詳細を明らかにした。当初の説明では、WindowsUpdate経由でのアップデートのみの提供することにしたとの述べただけだったが、その詳細は明らかにしていなかった。

マイクロソフトがWinBetaに語ったところによると、先のアップデートはプライバシー関連に問題があり、配布を停止していたとのこと。より具体的には、11月の更新をインストールすると、Windows10はユーザーが行った設定を保持することができなくなる、つまり、ユーザーが行った設定変更を破棄してしまうということだ。大きなバグではないとはいえ、このアップデートによってプライバシーに関して問題が生じていたのだ。

この問題の影響を受けるのはWindows10ユーザーのみであったため、WindowsUpdateを通しての配布はWindows10ユーザーに対してのみ停止され、Windows7,Windows8.1からアップグレードするユーザーにはそのまま配信されていた。

マイクロソフトは、この問題はすでにパッチで修正されており、WindowsUpdateとメディア作成ツールでの配布を再開しているので、11月の更新がまだの人も安心してほしいと語った。

読者の皆さんはどう思いますか?皆さんの意見を聞かせてください!

翻訳ここまで===================================

だそうな。やっぱり問題あったんやん。・・・、ほんとにこれだけ?これだけのバグでこの混乱ぶり?
まあ、疑えばきりないけどぉ~。ほんま?ホンマにほんま?実はとんでもない爆弾が・・・。

とにかく明るいマイクロソフト「安心してください。修正、配信していますよ。」

っと・・・いうことでKB3120677をあててと。


はい、OSビルド10586.14になりました~。

ところで、https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
で配布されているメディア作成ツールは前のまま、10586.0用なのね。ということは、インストールディスクは作り直す必要はないか。




コメント

このブログの人気の投稿

Tunnel adapter ローカルエリア接続とは

エクスプローラーでフォルダ内のファイルをスクロールさせて下のほうにあるファイル・フォルダを表示させているときに突然に表示位置がトップ位置へと戻ってしまう現象と一応の解決策

Windows Defender の定義の更新でエラー その後 解決編を追加