Windows10 Build10586 クリーンインストールその2 ブルースクリーンの原因の一つはDiXiM BD Burner 2013だったようだ

クリーンインストール直後の状態ではシステムファイルの整合性違反があったものの、修復はできたし、Chrome、Norton Internet Securityにも問題がないことが確認ができたので、そのほかのソフトを順次インストールしていき、原因を突き止めることにした。

まずは、Acronis True Image 2014をインストール、現時点でのシステムドライブのバックアップとユーザーフォルダのノンストップバックアップを有効にして、数時間様子を見たが、ブルースクリーンが発生することはなかった。

次にDiXiM BD Burner 2013をインストール。パッチをあてて、バージョンを1.0.19.0にしてから様子見。1時間ほどしてから様子を見てみると、再起動がかかっていた。どうやらDiXiM BD Burner 2013がブルースクリーンの原因だったようだ・・・

念のため、DiXiM BD Burner 2013をアンインストールして様子を見てみると、予想外のシャットダウンは起きなかった。もともと製品の仕様の動作条件で”Windows10では動作しません”となっているので、対応がされる可能性は零だろう。nasneでとった映画などをBDに書き出すのに使っていたんだけど、あきらめるしかないか・・・。後継も出ないようだし、PC TV with nasneに乗り換えよう。


コメント

このブログの人気の投稿

Tunnel adapter ローカルエリア接続とは

エクスプローラーでフォルダ内のファイルをスクロールさせて下のほうにあるファイル・フォルダを表示させているときに突然に表示位置がトップ位置へと戻ってしまう現象と一応の解決策

Windows Defender の定義の更新でエラー その後 解決編を追加