Windows10の「Windows Updateの配信の最適化」をオフに変更

Windows10には「Windows Updateの配信の最適化」という機能が追加されているそうな。なんでもwindows Updateの更新プログラムをダウンロードする際に、ローカルネットワーク上もしくはインターネット上の既にダウンロードが済んでいるPCから更新ファイルをダウンロードするという仕組みだそうな。

Microsoftが用意したWindows Updateのサーバーからのみダウンロードする場合はアクセスが集中してしまってどうしてもダウンロード速度が遅くなってしまう。既にダウンロードが済んでいるPCがあれば、そのPCからもダウンロードするようにすれば、アクセスが分散されて、サーバーにかかる負担を軽減させることができる。

Windows Updateサーバからだけでなく、どこかのだれかのPCからも更新ファイルをダウンロードしてくる、いわゆる、Peer-to-peerでお互いファイルをやり取りしているということ。昨日ダウンロードした更新ファイルは、もしかしたらあなたのPCからダウンロードさせてもらったものかもしれない。あなたが昨日ダウンロードした更新ファイルは、僕のPCからダウンロードしたものかもしれない。

ん~、更新作業が早くなって便利ではあるんだけど、セキュリティーに関しても心配ないのだそうだけど、やっぱり、いろいろ不安だ・・・。そうだ!この機能を無効にしよう!

ということで、そのしかた。

1.スタートメニューの「設定」→「更新とセキュリティ」

2.「詳細オプション」をクリック

3.「更新プログラムの提供方法を選ぶ」をクリック

4.出てきた画面でオフにする。


コメント

匿名 さんのコメント…
役に立ちました、ありがとうございます。
匿名 さんのコメント…
なるほど、有難うございます。

このブログの人気の投稿

Tunnel adapter ローカルエリア接続とは

エクスプローラーでフォルダ内のファイルをスクロールさせて下のほうにあるファイル・フォルダを表示させているときに突然に表示位置がトップ位置へと戻ってしまう現象と一応の解決策

Windows Defender の定義の更新でエラー その後 解決編を追加