windows10導入奮闘記2

windows10を導入してから、NAS(LinkStation LS-VL(LS-2.TL))からの転送速度が極端に落ちてしまった。インターネット回線での速度は上り下りともに700Mbps以上と十分な速度が出ているし、LS-VLへの書き込み速度も450Mbpsほどで十分に出ているのだが、LS-VLからのダウンロードのみ数十~数百Kbpsとありえないほどに遅くなってしまった。動画など論外で、音楽も途切れてしまう。それどころかインストールしなおしたiTunesでライブラリを追加するのに何時間かかるのかわからないほど。

ドライバのせいなのか・・・、はたまたLinkStationのほうに原因があるのか、さまざまあれやこれやと試したところ、LANドライバのjumbo packetを有効にしていたのが原因だったようだ。オフにすると450Mbpsは出るようになった。さらにLinkStationのほうのフレームサイズをデフォルトに戻してやると800Mbpsは出るようになった。

Windows10にする前は、jumbopacketは有効にしていても十分に速度が出てたのになぜだろう?

速度が出るようになったから、まあいいっか。

コメント

このブログの人気の投稿

Tunnel adapter ローカルエリア接続とは

エクスプローラーでフォルダ内のファイルをスクロールさせて下のほうにあるファイル・フォルダを表示させているときに突然に表示位置がトップ位置へと戻ってしまう現象と一応の解決策

Windows Defender の定義の更新でエラー その後 解決編を追加