Android Studioのエミュレーター(API 15)の起動

【症状】
Android StudioのNexus5 API 15のエミュレータが起動できない。起動後、黒い画面のまま変化しない。
Nexus5 API15の仮想デバイスを作成して起動しても、この画面のまま変化なし。

【対処法の概要】
 Android Device MonitorからAndroid Virtual Device Managerを立ち上げ、Nexus5 API15の設定を編集し、Emulation OptionのUse Host GPUを有効にする。

【対処法の詳細】

1.「Tools > Android > Android Device Monitor」と選択し、Android Device Monitorを起動する。

2.Android Device Monitorより「Window > Android Virtual Device Maneger」と選択し、Android Virtual Device Manegerを起動する。

3.Android Virtual Device Manegerの画面でNexus5 API15を選択し、「Edit」ボタンをクリックし、編集画面を起動する。

4.Emulation OptionのUse Host GPUのチェックボックスをクリックし、有効にする。(API15の仮想デバイス作成時には「Use Host GPU」のオプションはグレイアウトしていて、選択できなかった。)

5.最後に「OK」ボタンをクリックし編集作業を終了。

この方法で、Nexus5 API15のエミュレータが起動できるようになった。

【起動画面】

起動直後はこんな白画面。

API15の仮想デバイスを起動すると、しばらくはこんな画面が続く。

その後、起動が完了!!

コメント

このブログの人気の投稿

Tunnel adapter ローカルエリア接続とは

エクスプローラーでフォルダ内のファイルをスクロールさせて下のほうにあるファイル・フォルダを表示させているときに突然に表示位置がトップ位置へと戻ってしまう現象と一応の解決策

Windows Defender の定義の更新でエラー その後 解決編を追加