僕の考えた最強のパソコン

今、新しいPCを作るなら・・・と妄想してみた。

CPUはやはり、今作るならHaswell-Eシリーズ!せっかくHaswell-EシリーズでいくならPCI Express3.0が40レーンの、少なくとも5930Kで行きたい。欲を言えば、8コア、40レーンの5960X!
5930Kはとある家電量販店で95,500円、5960Kだと170,000円!!・・・ん~、小心者の僕にとっては17万は、妄想とはいえ、現実味がなさ過ぎて手が出せない!ここは5930Kでいこう。

メモリはDDR4の強みをいかして、クアッドチャンネルで行きたいので、4枚差しで行きたい。格好よさげなCorsairの「CMD16GX4M4A2666C16」を採用!お値段は、これも5万というところか。

そして、ストレージは、M.2 PCI Express 2.0 ×4インターフェイスのSSDで是非とも行きたい。となると今現在、手に入るものは、Samsungの「MZHPU256HCGL」に限られるだろう。こちらは価格コムで現在26,980円。ただ、このSSDは起動用のOption ROMはついていないので、OSのインストールができなかったという報告もあるようで、つい先日発表されたKingstoneのHyperX PredatorシリーズのSHPM2280P2/240GやPlextor M7eが速く出てほしいところ。

ここまでで、途中経過、お値段は・・・、222,480円也!

さらにせっかく40レーンのCPUを選ぶなら、グラフィックボードは2枚差しで行きたい。AMDならR9 290で、NVIDIAならGTX960以上は行きたい。2枚買うとなると70000円はかかるかな?電源は・・・、800Wは欲しいところか。Corsair HX850i CP-9020073-JPで25,000円前後。

これらの要求を満たせるマザーボードは、白のデザインも気に入ったのでASUS X99-DELUXEで決定!ソケットはLGA2011-v3、ChipsetはX99のもので・・・、PCIe×16が二つとも16レーン動作可能で、M.2PCIe2.0×4も4レーン動作可能、さらにもう一枚M.2PCIe2.0×4SSDが乗せられる!ときたら、これしかないっしょ。OC Socketというのも気になる。さて、お値段は・・・50,000円程。

キーボード、マウス、HDD、モニタ、ケースは今あるものをつかいまわすとして・・・、占めて317,480円也!!

この構成で作って、TotalWarを最高画質設定でぐりぐり動かしてみたい。あ~、次作るときにはこれくらいの物が作れたらいいなぁ~。妄想広がりまくり・・・さて、寝よ。

コメント

このブログの人気の投稿

Tunnel adapter ローカルエリア接続とは

エクスプローラーでフォルダ内のファイルをスクロールさせて下のほうにあるファイル・フォルダを表示させているときに突然に表示位置がトップ位置へと戻ってしまう現象と一応の解決策

Windows Defender の定義の更新でエラー その後 解決編を追加