投稿

10月, 2013の投稿を表示しています

リフレッシュ用イメージファイルの作成

イメージ
PCのリフレッシュ」は、Windows8.1の回復機能の一つで、個人設定や個人ファイルなどは保持したまま、Windows8.1を再インストールする機能である。多くのメーカー製のPCではリフレッシュ用の回復パーティションが用意されており、この「PCのリフレッシュ」を利用することにより、個人ファイルなどは保持したままPCを出荷状態に戻すことができるようになっている。

 しかし、自作PCなどで自分でWindows8.1をインストールした場合、そのままではPCのリフレッシュ用のイメージファイルがなく、この機能は使えない。この機能を使うためにはコマンドプロンプト(管理者)から「recimg」コマンドでリフレッシュ用イメージファイルを作成しておく必要がある。そうしておけば、「PCのリフレッシュ」機能を用い、個人ファイル、個人設定は保持したまま、Windows8.1をイメージファイル作成時点の状態に戻すことができる。注意が必要なのは、イメージファイル作成後にインストールしたデスクトップアプリなどは削除されてしまうとういう点だ。(⇒「PCのリフレッシュで保持されるデータ、保持されないデータ」参照)
以下にリフレッシュ用イメージファイルの作成手順を示す。*作成にはかなりの時間がかかり、私の場合は数時間かかった。その間、インターネットの閲覧等をしていたら、一度作成に失敗してしまった。作成中はPCの操作も控えたほうがいいようだ。
1.コマンドプロンプトを管理者権限で起動する。 2.コマンドプロンプトが起動したら「recimg」コマンドでリフレッシュ用イメージファイルを作成する。
recimg /CreateImage <フォルダ名>」でリフレッシュ用イメージファイルを作成する。「recimg /CreateImage 」の後ろの<フォルダ名>のところは作成されたイメージファイルを保存する場所を指定する。画像での例ではEドライブのReflesh131027というフォルダにリフレッシュ用イメージファイルが作成される。指定されたフォルダが存在しない場合は自動的にされる。
保存されるイメージファイル名は「CustomRefresh.wim」になり、これは変更できない。
3.イメージファイル作成中。
スナップショットの作成はすぐに済むが、イメージの書き込みには数時間…

USB回復ドライブの作成

イメージ
Windows8.1が起動しなくなった場合に、Windows8.1から呼び出される「PCのリフレッシュ」「PCを初期状態に戻す」「システムの復元」「イメージでシステムを回復」などの機能は当然使えなくなってしまう。これらの機能を、PCが起動しなくなってしまった場合にも利用できるようにするには、予めUSBメモリにUSB回復ドライブを作成しておかなければならない

この「回復ドライブ」は、Windows8.1が起動しなくなった場合に「システムの復元」「PCのリフレッシュ」「PCを初期状態に戻す」などの機能を単に呼び出すためのものである。自作PCの場合、リフレッシュ用のイメージファイルを作成しておかないと「PCのリフレッシュ」も行えないし、「PCを初期状態に戻す」にはWindows8.1のインストールディスクが必要になる。残念なことにWindowsストアでWindows8から8.1へとアップグレードした場合はWindows8.1のインストールディスクはないので「PCの初期状態へと戻す」機能は使うことができない。
システムの保護」機能を無効にしてしまっていては、「ドライブの復元ポイント」が作成されず、システムの復元」は行えないし、システムイメージファイルを作成していなければ「イメージでシステムを回復」も行えない。

(⇒「システムの保護」についてはこちら(作成中))
(⇒リフレッシュ用イメージファイルの作成」はこちら(2013.10.27更新)
(⇒「システムイメージファイルの作成」はこちら(作成中))

以下にUSB回復ドライブの作成手順をまとめておく。

1.コントロールパネルを開き、「回復」を左クリックして、起動させる。
2.「回復」の「回復ドライブの作成」を左クリックして起動させる。 3.「回復パーティションをPCから回復ドライブにコピーします」にチェックが入れられる場合は、チェックを入れて「次へ」をクリック。 4.使用可能なドライブから回復ドライブを作成するUSBメモリを選択して「次へ」をクリックする。
5.回復ドライブの作成が始まる。 6.下の画面が表示されたら、「完了」を左クリックして、作成完了!


Windows8.1のPCのリフレッシュで保持されるデータ、保持されないデータ

ユーザー・データー 保持されるもの\Users\profile下の全てのファイルとフォルダ(ただし、\Users\profile\AppDataは除く。)ユーザーがWindowsパーティションのルート(通常はCドライブ直下)に追加した全てのフォルダ「ファイル履歴」の機能によって保存されたファイルの履歴データOSパーティション以外の全てのフォルダ リフレッシュされるもの(リフレッシュ用イメージファイルに保存された状態に戻されるもの) \ProgramData\Program Files\Program Files(x86)\Users\profile\AppData\WindowsOEMフォルダ(回復イメージに追加したフォルダ) *「PCのリフレッシュ」が完了した後、保持されなかったファイルはC:\Windows.oldフォルダーに保存されている。ただし、¥Usersフォルダ以外は、Windowsタスクスケジューラーの自動メンテナンスで削除されるので、必要なファイルは自動メンテナンスが行われる前に取り出すか、他のドライブに保存しておくとよい。

アプリケーション 保持されるものWindowsストア・アプリ リフレッシュされるもの(リフレッシュ用イメージファイルに保存された状態に戻されるもの) リフレッシュ用イメージファイルに含まれるデスクトップ・アプリは、アンインストールしたものを含め、リフレッシュされる。 保持されないものPCの出荷後(もしくはリフレッシュ用イメージファイル作成後)インストールされたデスクトップアプリは保持されない。*リフレッシュ後保持されなかったアプリの一覧がデスクトップに保存される。システム設定 保持されるもの ユーザー・アカウントと資格情報ドメイン参加の設定ローカルユーザーアカウントWindowsUpdateの設定ブラウザーで保存されたパスワードなどキャッシュに保存されたデータライブラリ設定(各ユーザーのAppDataフォルダにある\Roaming\Microsoft\wndows\Librariesに.library-msファイル形式で保存されているライブラリ設定)暗号化ファイルシステムの証明書とキードライブ文字の割り当てとマウントポイントテーマなどデスクトップに関連する個人設定ライセンス条項の同意状況、プロダクトID、ライセンス認証の状態接続さ…

windows8.1の回復と復元

Windows8.1にはOSの調子がおかしくなったり、起動しなくなった時にOSを修復する機能がさまざま用意されている。しかし、いろいろありすぎて、それぞれどんな時に使えばいいのか、どんな制限があるのかが分かりにくかったので、自分なりに調べてわかったことをまとめておく。

*以下の機能をwindows8.1が起動できなくなった際に利用するためには、「USB回復ドライブ」をあらかじめ作成しておく必要がある。(⇒「USB回復ドライブの作成」についてはこちら
*メーカー製PCの場合の「PCのリフレッシュ」や「PCの初期状態に戻す」はメーカーによって異なるので、それぞれのメーカーのHPや説明書で確認してください。

「システムの復元」 Windows7以降で搭載されたシステムの保護機能。ドライバやプログラムがインストールされた時にインストール前のシステムの状態を復元ポイントとして保存しておき、万が一、ドライバやドライバのインストールによって加えられた設定変更によりシステムが不安定になってしまい、そのドライバやプログラムをアンインストールしても、不安定な状態が改善しない場合にインストール直前のシステム設定に戻せる機能。(システムディスクの復元ポイントの自動作成はデフォルトで有効になっている⇒詳しくはこちら(作成中))
「個人ファイルの復元」 「ファイル履歴」の機能により保存されたファイルの履歴から特定日時のファイルの状態を復元する機能。
 *ファイル履歴…ライブラリ・連絡先・お気に入り・デスクトップにある各フォルダにあるファイルを一定時間間隔(デフォルトでは1時間間隔)でバックアップをとる機能。ファイルの完全な履歴が保持されるので、うっかり削除してしまったファイルをこのファイルの履歴の記録から元に戻したり、Aというファイルを3日前の状態に戻したりといったことができる。
(⇒「ファイル履歴」の設定についてはこちら(作成中))
「イメージでシステムを回復」 「システムイメージの作成」でバックアップした時点のPCの状態へと戻す機能。
 *システム・イメージ・・・Windowsが動作するために必要なドライブをコピーしたもの。システム・イメージを作成しておけば、Windowsが起動できなくなった場合にも、回復環境を利用して、システム・イメージ作成時点の状態にパソコンを戻すことができる。データファイ…

Windows8 / Windows8.1 のファイル履歴

Windows8.1のアップデートが公開されたので、さっそく使ってみたら、「Windows7のファイルの回復」の機能がなくなっていた。今までこれでシステムイメージとデータファイルのバックアップを取っていたが、マイクロソフトとしてはこれは推奨しないということで8.1では削られてしまったようだ。

代わりに、Windows8から追加された「システムイメージの作成」と「ファイル履歴」の機能を使わなければならなくなったので、仕方がない。ファイル履歴を有効にした。

2,3日これで運用していたが、昨日変なことに気がついた。ファイル履歴の保存フォルダ(FileHistoryフォルダ)内にある「data」フォルダが空のままなのだ。ファイルのバックアップファイルはどこにあるんだろうと疑問に思いながら、でも、特にアクションセンターなどでエラーメッセージが出るわけでもなく、「ファイルが最後にコピーされたのは 2013/10/18/xx:xxです」なんてメッセージが表示されているから、大丈夫なんだろうと思っていた。

しかし、やっぱり変だと思い、いろいろ調べてみると、ファイル履歴の詳細設定の画面に「ファイル履歴イベント ログを開いて最新のイベントまたはエラーを表示する」というのがあるのに気がついたので、表示させてみると、

構成 C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows\FileHistory
\Configuration\Configでユーザー ライブラリの変更のスキャンと変更されたファイルのバックアップを実行できません

というエラーが記録されていた。やっぱりファイル履歴は実行されてなかった・・・。ひっそりとエラーメッセージを残すなよ。表だってエラーが表示されないので、てっきり正常に機能しているものだと思ってしまうやん。アクションセンターにでもエラーメッセージを表示させろよ・・・。

で、解決方法はないかといろいろと調べてみると、この「ファイル履歴」はファイル名の長さや使用する文字などにいろいろ制限があるようだというのが分かった。OSとしては許容されているファイル名であってもその制限に引っかかる場合があるようである。「なんじゃそりゃ」である。

しかも、ひっそりとイベントビューアーにエラーメッセージを記録するだけ。どのファイルがだめだとかそん…