Windows8のデスクトップ画面、スタート画面に「再起動」「スリープ」「休止状態」「ハイブリッドスリープ」など電源ボタンを作る -その3- 「スリープ/ハイブリッドスリープ」ボタンの作成

Windows8のデスクトップ画面、スタート画面に「再起動」「スリープ」「休止状態」「ハイブリッドスリープ」など電源ボタンを作る -その3- 「スリープ/ハイブリッドスリープ」ボタンの作成

「シャットダウン」「再起動」「休止状態」「ログオフ」ボタンに関しては、こちらの記事を参照。
「ロック」ボタンの作成については、こちらの記事を参照。

<「スリープ」と「ハイブリッドスリープ」の違い>
「スリープ」は作業内容をメモリにのみ保持し、待機状態に移行するモードのこと。なので、停電やノートパソコンの場合などで充電池が切れてしまった場合などでは、作業内容は失われてしまう。
それに対し、「ハイブリッドスリープ」では、メモリとHDDに作業内容を保持し、待機状態に移行するモードのこと。通常はメモリから復帰するので、立ち上がりが早く、万が一、停電などで通電が止まってしまった場合も、HDDに保持したデーターから復帰ができる。つまり、スリープと休止状態のハイブリッドということ。

残念ながら、「ハイブリッドスリープ」状態へ移行するためには、コマンドラインのコマンドなどでは無理のようである。なので、このページ(ベクター)にあるフリーソフトを利用することにした。

1.上記ページの「このソフトを今すぐダウンロード」を左クリックしてダウンロードし、解凍する。
  *ダウンロードしたZipファイルを左クリックをすれば、自動的に解凍が始まる。
2.「SetSuspendState.exe」へのショートカットを作成する。
  1)デスクトップ画面上の何もないところで右クリックをする。

  2)出てきたメニューから「新規作成」→「ショートカット」を選択する。

  3)出てきたショートカット作成画面の「参照」ボタンを左クリックし、「ファイルまたはフォルダーの参照」の画面で、「SetSuspendState.exe」の左クリックして、次に下の「OK」ボタンをクリック。


 4)「このショートカットの名前を入力してください」の欄に「スリープ」など自分にわかりやすい名前を入力して「完了」ボタンをクリックする。

これで一応、「スリープ」ボタンが出来上がる。でも、下の画像の通り、なんだか「スリープボタン」らしくないので、ショートカットの画像を変更して「スリープボタン」らしくする。

3.出来たショートカットを右クリックして、出てきたメニューの「プロパティ」を左クリック。
4.出てきた画面の下の「アイコンの変更」ボタンを左クリック。
*下のような警告が出てきて、ドキッとしてしまうかもしれないけど、大丈夫。気にせず「OK」を左クリック。
5.「アイコンの変更」画面のアイコンの一覧から、好きな画像を選ぶ。
6.出来上がり!

このショートカットをクリックすれば、パソコンの状態に設定により「スリープ」か「ハイブリッドスリープ」への移行できる。

コメント

奥冨裕也 さんの投稿…
長い間脳を苦しめてきたことがやっと解決しました。ありがとうございました。
2013年11月 1日

上にあるものを

また、使徒たちの間に、自分たちのうちでだれがいちばん偉いだろうか、という議論も起こった。そこで、イエスは言われた。「異邦人の間では、王が民を支配し、民の上に権力を振るう者が守護者と呼ばれている。しかし、あなたがたはそれではいけない。あなたがたの中でいちばん偉い人は、いちばん若い者のようになり、上に立つ人は、仕える者のようになりなさい。食事の席に着く人と給仕する者とは、どちらが偉いか。食事の席に着く人ではないか。しかし、わたしはあなたがたの中で、いわば給仕する者である。あなたがたは、わたしが種々の試練に遭ったとき、絶えずわたしと一緒に踏みとどまってくれた。だから、わたしの父がわたしに支配権をゆだねてくださったように、わたしもあなたがたにそれをゆだねる。あなたがたは、わたしの国でわたしの食事の席に着いて飲み食いを共にし、王座に座ってイスラエルの十二部族を治めることになる。」

(ルカによる福音書22章24~30)
匿名 さんのコメント…
わかりやすい説明で助かりました。これでわずらわしい操作が楽になりました。ありがとうございます!

このブログの人気の投稿

Tunnel adapter ローカルエリア接続とは

エクスプローラーでフォルダ内のファイルをスクロールさせて下のほうにあるファイル・フォルダを表示させているときに突然に表示位置がトップ位置へと戻ってしまう現象と一応の解決策

V結線の電流と利用率について