浪江町でセシウム137が1キログラム当たり29万ベクレル検出

【ニュース記事】
福島第一原子力発電所の周辺で文部科学省が行っている放射性物質の調査で・・・(中略)・・・先月30日午前10時50分に、原発から西北西におよそ30キロの浪江町の地点で採取した土を分析した結果、放射性の「セシウム137」が1キログラム当たり29万ベクレル検出されました。
(4/1 19:53更新)

ちなみに
セシウムの半減期は、約30年。。。
土壌汚染が気になったので、計算してみた。⇒こちら

ちょっと気になった点
IAEAの調査結果はBq/m2(放射性表面汚染密度?)で、日本のはBq/kg。

コメント

このブログの人気の投稿

AMDの超超解像度を試してみた。

V結線の電流と利用率について

Tunnel adapter ローカルエリア接続とは