放射線測定、研究者が続々=住民支援で100人超現地に-福島

【ニュース記事】
福島第1原発の放射能漏れ事故で、被ばくの不安を抱える福島県の住民に対し、研究者がチームをつくって放射線量測定を実施したり、相談に乗ったりする活動を始めた。・・・(中略)・・・藤原准教授らは「われわれは原子力が専門ではないが、放射線量測定ではプロだ」として住民支援に当たることで一致、文部科学省や福島県に現地入りの同意を取り付けた。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011040400018より

かっこいいぞ!!安心と安全のために頑張ってきてください!!もう、馬鹿な政治家、官僚に任せていては駄目だ!
今までのようなことが続けば、科学技術全体が否定されかねない。「SPEEDI?結局なんの役にも立たなかったよね?」「気象シュミレーション?くその役にも立たなかったよね」「科学技術なんて予算食うだけで駄目駄目じゃん」みたいになってしまう。と感じてる、僕は。
未来への判断を誤らないためにも、がんばってきてください!!

コメント

このブログの人気の投稿

Tunnel adapter ローカルエリア接続とは

エクスプローラーでフォルダ内のファイルをスクロールさせて下のほうにあるファイル・フォルダを表示させているときに突然に表示位置がトップ位置へと戻ってしまう現象と一応の解決策

Windows Defender の定義の更新でエラー その後 解決編を追加